読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夜は短し歩けよ乙女

  大分前に見たので忘れていることがほとんどだと思うけど、とりあえずなんとか思い出して記録する。

 

 小説を読んだことが無かったので、あの全てが一晩のうちの出来事だということを後半まで知らなかった。(原作は1年間の話らしい)一晩に様々なことが起こりすぎるのだが、あの詰め込みすぎて濃密でてんやわんやなお祭り騒ぎと、不思議な世界感が合っていたように思う。

 本当に、怒濤の勢いで作品が進み、押し寄せてくるので頭がいっぱいになってしまった。情報が飽和して何だか良くわからなくなってしまう感じ…現実と夢とよく分からない何かをごった煮にして、まるで酔っぱらっているかのように境界が曖昧で、作品から溢れる音も映像も表現も飲み屋の喧噪のようであり、祭りの中にいるような感覚でもあった。

 

 「夢と現実が混交した」「アニメーション」という点で、今敏監督の「パプリカ」を思い出した。けど、パプリカと違ってこの作品はバカと酒と恋(もしくは縁)が大事なので、もっと底抜けに明るくてカラッとしている。 

 

 お祭り騒ぎの一つとして(というか実際学園祭という祭りに関わる行事の一つとして)いきなりミュージカルが始まる時が数回あった。最初は「はい?」と言った感じでついていけず、「この映画合わなかったかな…」と思ったりしたのだが、最後のミュージカルの花澤さんの歌は結構良かった。あんまり歌がうまい設定のキャラでは無いのだと思うが、技術はともかく歌声が良くて驚いた。曲を書きたくなる声というのも頷ける。お祭りに熱狂出来ない冷静な奴は遠くから祭りを見て「あ〜やってるよ」とか「何だアレは」とか、そういう感想を持つのだと思うが、私の作中のミュージカルに対する感情は大体それだったのだろう。

 

 不確かなことがいくつか合って、まずはあの嵐は寂しい人たちが巻き起こしていたということでいいのだろうかということ。もう1つは酔っている人が顔を赤くしているのだと思っていたが、ラストの乙女を見るに、どうも恋をしている人の顔が赤くなっていたらしいということ。それを確認するためにもう一度見たいのだが、近くの映画館ではもう上映が終わってしまった。レンタルか、dアニメストアで配信があれば復習しようと思う。